コストコのおすすめ チョコレート・リンツリンドール バレンタインにも

今回紹介するのは、コストコで売っているチョコレート(リンツ リンドールチョコレート)になります、中が柔らかくなっていておいしいチョコレートです、これはおいしいのでかなりおすすめです。

では、詳細をご紹介します。



品番

#450201

価格

1498円(2017/2/9時点)

原材料名

砂糖、植物油、ココアバター、カカオマス、牛乳、脱脂乳、キャラメルペースト(砂糖、ココアバター、クリーム、食塩)、乳脂肪、大麦麦芽粉、バニラシード、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料

内容量

600g

保存方法

直射日光や高温多湿を避け、15℃~20℃の涼しい場所で保存してください。

原産国名

アメリカ

 

商品詳細

リンツといえば創業170年を誇るスイスのチョコレートメーカーですが、コストコに売っているリンツリンドールチョコは原産国アメリカとなっていますねぇー。

んっ?まさか偽物!?と思って調べたところ、リンツの工場は世界中(ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリア)にあるみたいなんですねー。

で、コストコで売っているリンツチョコなんですが、とにかく値段がめちゃめちゃ安いです。リンツオンラインショップだと1粒約100円で売られていんですが、なんとコストコだと1粒約30円なんですねー、激安っ!!

コストコのチョコレートの中では高級な部類になるんですが、通常売られているリンツチョコから比べると破格の値段ですよね。

これだけでも買いなんですが、味もおいしいんです。

2層構造で、外は普通の硬さのチョコレート、中は生チョコのような柔らかい食感のチョコレートになっていてとてもおいしいですよ。

 

全部で5種類のフレーバーが有り、それぞれ包み紙の色が違います。左からWHITE、EXTRADARK、MILK、DARK、CARAMELとなっています。

全部おいしいのですが、個人的には赤のMILKが一番好みですね。

外国製のチョコにありがちな口溶けが悪い感じではなく、口溶けのよいおいしいチョコレートです。

 

最後に一つ保管上の注意点です↓

夏場の保管は暑くなるところに置かないように注意してください、中のやわらかい部分がトロトロになりすぎておいしさ半減になります。
涼しい場所に保管してくださいね。一度夏場に買って普通に置いてたら、中がドロドロになった事があります。
※冷蔵庫は温度が低すぎて硬くなるのでおすすめしません。

 

保管方法に少し注意が必要ですが、値段もお得でおいしいのでかなりおすすめの1品です。

以上、ご参考まで。



関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP