九州ローカルアイス 竹下製菓スペシャルブラックモンブラン詳細&レビュー

この間近所のスーパーで見慣れないアイスを見つけたので買ってきました。

自宅に戻り調べると九州のローカルアイスで、竹下製菓株式会社という所で販売しているスペシャルブラックモンブランなる商品であることが判明しました。

アイス自体はチョコバリみたいな感じで外側クランチ&チョコ、中はバニラのアイスです。

何で名前にモンブラン??と思って由来を調べたら、竹下製菓のホームページに載ってました↓

竹下小太郎前会長がアルプス山脈の最高峰「モンブラン」を目の前に眺めたときの、「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」との思いをアイスクリームの名称に取り入れたものが「ブラックモンブラン」です。
竹下製菓HP引用

だそうです。

では、詳細をご紹介します。



種類別

アイスクリーム(バニラ)

無脂乳固形分7.0%

乳脂肪分8.0%

卵脂肪分0.1%

価格

130円(税別)

内容量

125ml

原材料名

準チョコレート、クッキークランチ、乳製品、糖類(砂糖、異性化液糖)、ピーナッツ、卵黄、食塩、安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、着色料(カロチン)、(原材料の一部に小麦、卵、大豆を含みます。)

原材料名に有る準チョコレートってなんだ?と思いちょっと調べたところ、チョコレートのお菓子には下記の種類があるようです。

チョコレート

チョコレート生地のみの物か、チョコレート生地を全重量の60%以上使用したチョコレート加工品。

※チョコレート生地:カカオ分が35%以上、或いはカカオ分が21%以上でそれを合わせた乳固形分が35%以上のもの。

チョコレート菓子

チョコレート生地が60%未満の物、ナッツやフルーツなど他の食材とを組合わせたチョコレート加工品。

準チョコレート

準チョコレート生地のみの物、準チョコレート生地が60%以上の物。

※準チョコレート生地:カカオ分が15%以上或いはカカオ分が7%以上でそれを合わせた乳固形分が12.5%以上のもの。

準チョコレート菓子

準チョコレート生地が全重量の60%未満の物、ナッツやビスケットなど他の食材とを組合わせたチョコレート加工品。

 


チョコバリをイメージして食べたんですが結構違いました。

アイスクリームだけあって一口食べた瞬間、中のバニラが濃厚で生クリームやバターのような味わいがあります(コストコのソフトクリームのような感じ)

コーティングされているクッキークランチはちょっと湿気ていたのか、カリカリ食感ではなくただ硬いだけって感じの食感でした(はずれを引いたか?)

まとめ

ウマイかマズイかで言えば、うまいです。

チョコバリの濃厚版って感じでしたね、チョコバリがっちょっと物足りない方にはベストマッチかもしれません。

※カロリーなどが解らなかったので掲載出来ませんでした(袋に栄養成分表が記載されていません、汗)なのでカロリーが気になる方にはちょっと怖いですね。

 

以上、ご参考まで。




関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP